プリ小説

第4話

🌈TWO🌈
~朝~
ジン
みんなッ朝だよ!
起きて~~
ユンギ
ん、おはよう
ナムジュン
おはよう。
ホビ
おはよう~~!
ジミン
おはようございます、ヒョン
テテ
おはよう、ヒョンッ
ジン
後はじょんぐがだけだね、、
コイツほんと手強いぞ~
起きて!じょんぐが!
グク
んん~、まだ寝る
ホビ
起きて!ジョングギ!
グク
まだ寝たいです、ヒョン、
ユンギ
ぐが、起きろ
グク
はいッゆんぎひょん!
ジン
何でゆんぎだと起きるのに、
ホビ
僕たちだと起きてくれないの?!
夕方まで飛ばします!💨💨

~夕方~
ジン
あなたチャンとゆんぎのためにも、そろそろ帰ろうか!
ナムジュン
そうしよう、
早く荷物まとめて車のとこ来てよ~
マンネライン
はーいッ
ジン
あ、ゆんぎッ

もうすぐ帰るからってあなたチャンに連絡しときなよ??(ボソッ
ユンギ
わかってるよ、、//
ジン
ゆんぎったら照れちゃって、可愛いなぁ😁
ユンギ
…るさいッ(ボソッ
またまた飛ばします!


~家到着~
ジン
ゆんぎ~家ついたよ~
ナムジュン
あー、マンネラインとホビ寝ちゃってるね、
ユンギ
別に良いから、起こさないであげて。
じゃあ、今日はありがと。

また👋
ジン
👋
ナムジュン
👋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍑のん🍑
🍑のん🍑
小説書くのはじめてですッ 更新頻度ゆっくりになると思いますが、よかったら見てください💗 リクエストあれば、コメントしてくださいね!💬 (BL、ノンケ、対応) (行為有、行為無、対応) (純粋な恋愛もいけます🙆、、多分、)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る