無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

67
2021/06/23

第3話

第2話 __ ,
あ〜〜〜〜、そろそろお金無くなってきたなぁ...正直にお家ないっていうのも言えないってダサいね...?


まぁいいか!今を楽しもう!





といい、適当に夜道を進んだ



だが...ボクの道は進んでは行けない道であった ___



気づいたら朝だ、
︎︎
︎︎
僕は宣言しちゃいます__♪
ボクは気づいたら”プロポーズ”を口ずさんでいた

???
???
ちょwそれは無理だわwww
???
???
カッカッカッwwwwwwwwヒィ⤴︎wwwww
???
???
ちょっ、面白いのはわかるけどさwうるさいwww
︎︎
︎︎
薬指にはリングを〜......
???
???
あれっ...この曲ってさ、
???
???
あれ!!!君!昨日も会ったよね!?
︎︎
︎︎
えっ
莉犬くん
莉犬くん
俺だよ!莉犬!
???
???
え???
︎︎
︎︎
あっ!莉犬さん!...と...?
莉犬くん
莉犬くん
この2人は俺の友達の”さとちゃん”と”ころちゃん”!

と、優しくボクに教えてくれたけど...

まさかのすとぷりメンバー...w
また知らないフリしなきゃwwww
さとみくん
さとみくん
初めまして、さとみです
ころんくん
ころんくん
ころんくんだよ〜、きみ可愛いね?
︎︎
︎︎
あ...えと...初めまして、
莉犬くん
莉犬くん
そういえば、君から名前聞いてなかったね!お名前なんて言うの?

まさか昨日の人と会うなんて...しかもなんかもう親しく話してるじゃん...

︎︎
︎︎
あなた です。
莉犬くん
莉犬くん
あなた ちゃん!あれ...さとちゃん、ころちゃん、この辺りにこんな感じの子住んでたっけ...?
さとみくん
さとみくん
俺見た事ないけど
ころんくん
ころんくん
僕も見た事ないかも...?

やっっば、色々やらかした
莉犬くん
莉犬くん
あなた ちゃん、昨日ちゃんとおうち帰った...?
︎︎
︎︎
あっ...帰りましたよ!!!
ボクがその言葉を言った途端3人でコソッと話し始めた、
さとみくん
さとみくん
じゃあさ、あなた のお家まで案内してもらってもいいかな?
えっ...どうしよ......
そう思ってたらいつの間にか目から雨がぽつりと頬を伝って流れていた__
さとみくん
さとみくん
え、俺泣かした?
莉犬くん
莉犬くん
あわわわわ...あなた ちゃんどうしたの!?!!
ころんくん
ころんくん
さとみくん泣かせた!?!
みんなはもちろん焦っていた
︎︎
︎︎
あっ、大丈夫です...すみませんっ
ボクは泣きながらその場を去ってしまった









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
続く__