無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

64
2021/06/23

第4話

第3話 __ ,


さとみくん side.


俺の提案が悪かったのか...?
でも家があるなら普通に教えるよな...?

これだから女子は苦手なんだよ...もぉ...なんだよ...むしゃくしゃするなぁ

莉犬くん
莉犬くん
と、とりあえず追いかけなくちゃ!!
ころんくん
ころんくん
だよね...
仕方ねーか...
さとみくん
さとみくん
みんなで追いかけっぞ!
俺含め3人とも全速力であいつの事を追いかける、
間に合ったが次逃げたら本当に見つからなくなるところだったわ......
莉犬くん
莉犬くん
はぁ...はぁ......っ...
︎︎
︎︎
な...なんで捕まえるんですか...
ころんくん
ころんくん
そりゃ、泣きながら逃げるからでしょ...
はぁ...っ......走りすぎてきつい...
さとみくん
さとみくん
お前ッ...なんで俺が言った言葉で逃げんだよ...
︎︎
︎︎
ご...ごめ..ん...なさい......ごめんなさい......ごめんなさい...
え......?
様子が変わった...?
莉犬くん
莉犬くん
そ、そんなに謝んなくてもいいよっ!
︎︎
︎︎
ごめ......ん........(バタッ
は...?
ころんくん
ころんくん
え、ちょ、大丈夫!?
莉犬くん
莉犬くん
ど...どどどどどうしよう!?!?
さとみくん
さとみくん
とりあえず俺らの家連れて帰るぞ!!
俺はあなたをおんぶし、急いで家に帰った










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
続く__