無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

59
2021/06/23

第5話

第4話 __ ,
莉犬くん side.

ガチャッ
莉犬くん
莉犬くん
なーくんッッ!!!!
ななもり。くん
ななもり。くん
おかえりッ!どうしたの莉犬くん!それにころちゃん、さとみくんまでw......もう1人...?
さとみくん
さとみくん
こいつ...急に倒れたから休ませてもいいか?
ななもり。くん
ななもり。くん
全然いいよ!誰のベッドでも!とりあえずその子の目が覚めるまですとぷり会議しよっか、
すとぷり
すとぷり
了解(さところりーぬ
???
???
なんかうるさいなぁ...w
って、そのこどないしたん
ななもり。くん
ななもり。くん
ジェルくん、すとぷり会議でお話するからるぅとくん呼んできて〜?
ジェルくん
ジェルくん
え、わかった
ジェルくん
ジェルくん
るぅちゃーん、すとぷり会議するから集まって〜
るぅとくん
るぅとくん
了解しました〜
あなたちゃん...大丈夫かな......
心配...やっぱおうち...いや、でも...



ななもり。くん
ななもり。くん
それじゃあすとぷり会議始めよっか、まず、さところりーぬに聞きたい。あの子は一体どうしたの
莉犬くん
莉犬くん
なッ、なーくん、俺が話すね。
莉犬くん
莉犬くん
あの子、実は昨日の夜にも会っててね、ベンチで寝てたから俺その子起こしたの____
俺はあなたちゃんと出逢った時から今までを全て話した。
ななもり。くん
ななもり。くん
なるほど...細かい事情は教えてくれなかったってことね...とりあえずその子が起きるまで俺たちは待っておこっか、
すとぷり
すとぷり
うんっ...(なーくん以外
莉犬くん
莉犬くん
なーくん...一応あの子の食事ちょこっと用意してもらってもいいかな...?
俺も手伝うからッ...
もしかしたらあの子は空腹で倒れたのかもしれない...そう思って俺はそれをなーくんに言った
ななもり。くん
ななもり。くん
いいよ!一緒に作ろ










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

続く__