無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

あくまで仕事。part2
カードキーをドアにかざす。



ガチャ…
リヌ
リヌ
ありがとうございました…。
ラン
ラン
いえいえ。
お大事にしてください。
今がチャンス…。








カチャ…

銃口を男の頭に向ける。
リヌ
リヌ
アンタ、LICHTの幹部でしょ。
ラン
ラン
やっぱり笑
アンタかよ。
HIMMELの幹部って。
男は笑いながら両手をあげる。
リヌ
リヌ
ねぇ…私の仕事知ってる?
ラン
ラン
あれだろ?
「ハニートラップ界の女王様」だろ?
リヌ
リヌ
よく知ってるわね。
ラン
ラン
どうせ、汚ぇ男とヤりまくってるんだろ。
リヌ
リヌ
あくまで仕事だからね。
あと、最後までヤってる訳じゃないから、まだ処女なの。
ラン
ラン
へぇー笑
21歳の癖に処女かよ。
遅れてんねぇ笑
男は意地悪に笑う。

そして、その笑顔の中にあるのは

「余裕」。
リヌ
リヌ
あら。イケメンの顔が残念よ?
そういうアンタは何よ。
ラン
ラン
俺とっくに卒業してるし。
あと、俺19歳なんだけどね笑
リヌさん。
リヌ
リヌ
えっ!?
未成年!?
ラン
ラン
ちなみにさ。
リヌさんは俺の仕事知ってる?
リヌ
リヌ
えっ…?
ラン
ラン
ちゃんと調べなよ〜。
えーっとさ。
こう言えば分かる?
リヌ
リヌ
何よ。
ラン
ラン
“Lan”
リヌ
リヌ
えっ…まさか…Lanって…
リヌ
リヌ
逆ハニートラップ界の…王様…?
ランにあっさりと銃を奪われる。
ラン
ラン
よく分かったね
リヌお姉様?
ラン
ラン
せいかーい♡