無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

奪いたい。part3
首元に痛みが走る。
リヌ
リヌ
痛っ…
ラン
ラン
とりあえずつけたよ。
キスマーク。
いや、つけたよじゃない。

ヤバい…

このままじゃマジで

…ヤられる。

逃げないと。


両腕を押さえられた今、

何とか動くのは…

脚。

何とかしてコイツの弱点を…

リヌ
リヌ
(あ…コイツ男だから…)
男の急所であろう所を蹴る。

なかなかシンプルな技。
ラン
ラン
痛…
すかさず銃を奪い返す。

やっぱりコイツは男。

悶絶してる。


リヌ
リヌ
やっぱりアンタはまだガキだったみたいね笑
隙ありすぎっての。
 

さっきされた意地悪な笑顔をわざとする。

ついでに舌も出す。
ラン
ラン
アンタ…性格悪…。
リヌ
リヌ
アンタには言われたくないから。
リヌ
リヌ
じゃあねぇ〜笑
クソガキ。
バタン



ヒールの音を大きく鳴らしながら歩く。



「年下の奴にキスマークをつけられる」



今までの中で最高の侮辱。




リヌ
リヌ
…次会ったら絶対殺してやるから。(ガチの方で)




一方、ランは…
ラン
ラン
痛ってぇなぁ…
また意地悪な笑顔をする。
ラン
ラン
…あのお姉さん面白ぇ笑
ラン
ラン
ああいう女…初めてだわ…。
ラン
ラン
あ-あ。











舌舐めずりをして妖艶に笑う。












ラン
ラン
マジで奪いたい…笑