無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

一目惚れ。part1
イル
イル
ラン。
ちょっといいか。
ラン
ラン
兄さん。
また仕事?
イル
イル
あぁ。
ラン
ラン
ブスだったら嫌。
イル
イル
大丈夫。
年上だが、美人だ。
ラン
ラン
マジかよ。
年上美女とか最高じゃん。
(そういう性癖)
イル
イル
…。
ラン
ラン
兄さん、引かないでよ。
イル
イル
引いてない。
イル
イル
ほら。コイツだ。
(清楚系の時)
ラン
ラン
…ヤバい。
惚れたわ。
イル
イル
一応言うが、お前の仕事は
ラン
ラン
情報を引き出してその場で
始末する事。
分かってるから。
黒のタキシードに腕を通す。

胸ポケットには黄色い薔薇。
イル
イル
あと、この女はHIMMELの幹部だ。
気をつけろよ。
ラン
ラン
了解した。