無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第20話

新しい仕事。part3
次の日。

またいつもの車に乗り、スマホをいじる。

「リヌ様。お似合いですよ。」
リヌ
リヌ
こんなの好きなシェインの気が知れないっての(  #`꒳´ )
「確か…シェインは両刀使いで有名なド変態らしいですよね笑」
「リヌ様がお好きなイケメンもいるのでは?」
リヌ
リヌ
イケメン…ねぇ…。
イケメンと聞いて1番先に出てきてしまった人物。

アイツです。あの男です。

あのクソガキです。

リヌ
リヌ
ちょ!今イケメンって言葉発さないで!
「何かあったんですか?笑」
リヌ
リヌ
何でも無いっ!
「はいはい。」











「もうすぐで到着しますよ。」

フワフワの羽毛100%の上着を羽織る。

これは私のお気に入りの上着。

リヌ
リヌ
ありがと。
「お気を付けて。」
今日の靴は黒のヒール。

いつもの赤いリップ。

  




新しい仕事だったのに…。

まさかあんな事が起こるなんてね。