無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,420
2021/02/20

第4話

返却の時間
あなた
あなた
ただいま〜
さとみ
さとみ
おかえり!


私が仕事から帰ると、さとみくんはもう玄関で待ち構えていた。
あなた
あなた
さとみくん、ぎゅーってして
さとみ
さとみ
ぎゅー!



これで何回目のレンタルだろう。




あの日からもう数えられないほどレンタルしている。
 

たくさんレンタルしてたら、私も正常じゃなくなって、ついにハグまでするようになってしまった。
さとみ
さとみ
ご飯、冷蔵庫にしまってあるからね
あなた
あなた
ありがと
さとみ
さとみ
じゃ、おやすみ
あなた
あなた
もう帰っちゃうの?
さとみ
さとみ
もう時間


部屋の壁に張り付いてある時計を指さして言った。
あなた
あなた
…そっか
あなた
あなた
おやすみさとみくん
さとみ
さとみ
おやすみ


さとみくんは1分も延長してくれない。




レンタル終了時間ピッタリに帰ってしまう。




いつからだろう。




さとみくんがいない間、寂しいと思うようになったのは。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者(まかろにうどん)
作者(まかろにうどん)
今日はここまで(*´∀`*)
作者(まかろにうどん)
作者(まかろにうどん)
1日でお気に入り登録60越え嬉しいです\(◦´-`◦)/♡🌵🌲🌳🌴🌱🌿☘️🍀🍃🍂🌵🌲🌳🌴🌱🌿☘️🍀🍃🍂
作者(まかろにうどん)
作者(まかろにうどん)
あ、やべ誤字った↑
作者(まかろにうどん)
作者(まかろにうどん)
消すのめんどいからいっか((((