無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,314
2021/02/21

第7話

添い寝
さとみくん、本部みたいなところで怒られたりしてないかな。




私が熱出したせいで…。
あのあと、レンタル彼氏のルールを見てみたら、「時間オーバーした場合はクビとする」って書いてあった。



大丈夫かな…。



ちゃんと今日も来てくれる?



クビになってない?


そわそわしながら家のドアを開けると、さとみくんがいつものように出迎えてくれた。
さとみ
さとみ
おかえr…

私は勢いよくさとみくんに抱きついた。
あなた
あなた
さとみくぅ……クビになったりしてない…?
さとみ
さとみ
なるわけないだろw
あなた
あなた
私が熱出したから…
さとみ
さとみ
そんなこと気にしてたの?
さとみ
さとみ
昨日はいつもよりも長くあなたと居れたから嬉しかった
さとみ
さとみ
あなたは?

さとみくんは私の髪を耳にかけた。
あなた
あなた
私も嬉しかった



あぁ、私なにやってるんだろ。




さとみくんはレンタル彼氏。




本当の彼氏じゃない。




ただお仕事でやってるだけ。




それなのに……
さとみ
さとみ
あなた、顔赤いよ?

それなのに、どうしてこんなにドキドキするの?
さとみ
さとみ
…また熱出ちゃった?

そうやっていつも耳元で甘い言葉をかける。


あなた
あなた
私、寝る
さとみ
さとみ
わかった
ーーー
あなた
あなた
ふぁ〜…

自然と目が覚め、思いっきり背伸びをした。


あなた
あなた
…えぇぇぇぇ?!



ベッドに両腕を置いて、その上に顔を乗っけて寝ているさとみくんがいた。
さとみ
さとみ
ん……あなたおはよ
あなた
あなた
おはよって……さとみくん、なんでぇ?
さとみ
さとみ
寝顔見たくなったから見つめてた


頭の中が混乱している。




こんなに時間オーバーしちゃって大丈夫なの?




それに私の寝顔見られた?!
あなた
あなた
もぅ……さとみくん嫌いっ
私は枕に顔を埋めた。
さとみ
さとみ
…それほんと?

さとみくんの手が私の手の上にそっと乗った。



冷たい。



寒かったんだろうな。



さとみくん風邪ひいちゃってないよね…?
さとみ
さとみ
ほんとだったら俺、ちょっと傷つくかも
あなた
あなた
私に嫌われたくらいで、傷つかないでしょ?



さとみくんは色んな女の人とハグして、手を繋いで、夜にレンタルしてる人だっている。
 


私なんてその中の一人。




何言われたって、甘い言葉で包み込む。




それが仕事だもんね。
さとみ
さとみ
好きな人に嫌われたら傷つくよ
あなた
あなた
き、嫌いじゃ…ないよ
さとみ
さとみ
      よかった。
 


どれも偽物なんでしょ?




好きって、そんなの誰にだって言える。




好きじゃない人にだっていくらでも言える。


それはきっと一番さとみくんが知ってるはず。