無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

#1
花巻side

俺は3ヶ月程前に松川に告白した。
IH予選前なのに馬鹿なことをしたと思っている。でも、それで吹っ切れるならいいと思っていたから告白してみた。

そしたら、以外にもOKの返事が返ってきた。

付き合ってはいるもののまぁ、俺たちには部活がある訳でして、何も出来ていない訳ですよ。
それでもって松川は性欲が無いんじゃないかと思うほど何もしてこない。
まぁ、コクったのは俺からだし、気にしない、気に、しない…。
松川(まっつん)
よ、帰ろうぜ?
花巻(マッキー)
うおあっ!
松川か。帰る、帰る
松川(まっつん)
今日家来ねぇ、新しいゲーム買ったんだけど?
花巻(マッキー)
おっ!
行く行く!
俺は松川の家に行くことにした。
はっきりいうと如何わしくなるのを狙っている。


━━━━━━━━━━━━━━
松川が買った新しいゲームはめっちゃ難しく、なかなかクリア出来ないでいる。
花巻(マッキー)
松川ぁ~、これ難し過ぎねぇか?
松川(まっつん)
俺も買ってビックリだったわ。
花巻(マッキー)
あれ?もう、こんな時間か。
時計を見ると20:30を回っていた。
花巻(マッキー)
お暇するわ。ニシシ
松川(まっつん)
泊まってかねぇの?
突然の松川の言葉。
固まってしまう。
花巻(マッキー)
…え、いや家族に悪いよ。それに親に言ってない。
松川(まっつん)
両親なら旅行だ。言ってなかったけか?
あぁ。そんなこといってたなぁ。
花巻(マッキー)
ゲームクリアさせたいのでお言葉に甘えてもよろしいっすか?
松川(まっつん)
いいっすよ。
松川のはにかみ笑顔頂きました…!
花巻(マッキー)
電話してくるわ。
松川(まっつん)
はいよ。服とか用意しとくな。
俺のだけど我慢な。
花巻(マッキー)
お、おう。
松川のはにかみ笑顔頂きました…!(2回目)