無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

如月の秘密基地1
如月
如月
ちょっと過去の自分の日記見たの
如月
如月
そしたらさ、
「5/1
お母さんにしっかりしろと叱られた。これじゃエリートになれないと。
ここで僕の心の中で考えていた事が解決した。
所詮、子供は親の所有物なのだと」
「5/4
 テストの点が今回は高く、百点だった。苦手な教科だったからお母さんに見せたら「これが当たり前よ」とスルーされた」
「5/6
 過去の日記を見た。
 先生に殴られたこと。泣かされたこと。
 凄く、凄く悔しくなった。でも、生きようと思った自分に感謝したい」
如月
如月
まぁ日記の最後にこんなの書いてたんだけど
如月
如月
いやパクリじゃないよ。自分で作った
如月
如月
何か過去の自分すげぇなって思った
ちゃんちゃんっ♪