無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
39
2019/03/16

第2話

プレイ日記-メグメグ編-
……ぼんやりと画面を眺めていると中から声が聞こえてきた。
「ハビー!!いつまでボケっとしてるの!早くメグメグとバトアリ行こうよー!!!!!」
子供のように駄々をこねる彼女は今朝GETしたばかりのメグメグ。ガンナー限定ガチャでようやく当てたヒーローだ。
「わかった、分かったから…今行く…」

(バトルアリーナ…太鼓の達人コラボステージ)

「いいもん…ハビーがあんなダルそうな目をしてるなら目を覚まさせてやるんだから…。」
ガチャっと音を立てて両手に持った「ガトりん」を構えた彼女は味方を気にせず自陣の2番目ポータルキーへ走る。
目の前からアタッカーの桜華忠臣が迫ってきた時、彼女はガトりんを乱射した。
「鉛の味はどうだった〜?」
さっそく1キルだ。運なのか、幸先がいいのか。


その後3分間の試合で彼女が取ったキル数は…

11キルだった。


「ハビー!これでメグメグの凄さがわかったでしょ?」
「はい、すみませんでした。」




え?今回吹き出しはどうしたって?
あ、次の回はつけます。