第52話

ぶりっこ
665
2024/03/25 11:03
宮 侑
今日の練習ほんま疲れたわー
角名倫太郎
それなー


部活が終わり、倫太郎くん、侑くん、治くん、私で歩いてる。
あなた
今日メニューきつかったもんねw
宮 治
ほんまに
宮 侑
あー寿司くいたいーー
宮 治
今から4人でいかん?
あなた
え、それあり!!
角名倫太郎
はぁ、ええけど
あなた
そんな乗り気じゃないんですかぁ???
角名倫太郎
まあいいや、あなたの下の名前の爆食いショット撮れそう
あなた
え、ぜったいいやなんだけど
宮 侑
早よ行くで!!







なぜか急に寿司食べに行くことになって、私と倫太郎くんは侑くんに思いっきり引っ張られていた。
あなた
ねえさっき体力ない〜とか言ってなかった?
宮 侑
ん?腹減った
あなた
回答になってへんわ





そして、稲荷崎高校に近かった全国にあるチェーン店の寿司屋さんに入った。
あなた
あ、すみません4人お願いしたいのですが。
店員さん
かしこまりましたーこちらへどうzo……
あなた
えっと、?




突然店員さんが固まって私の頭上あたりを見るからなんだと思って後ろを見ると、3人が立ってた。
あなた
(あ、なるほどね)



忘れてたけど、この人たちイケメンだったんだった。




侑くんと治くんはもちろんで、2人のファンが多すぎて薄れちゃってるけど、倫太郎くんだって身長あるし、他の学校にいたら学年1のイケメンとか言われてもおかしくない。




昨日だったかいつかに倫太郎くんタイプだって言ってる人いたし。
あなた
ほら行くよ



でかい3人の背中を押して、案内された席へ移動する。






宮 侑
席どないする
宮 侑
んじゃあ俺あなたの下の名前の隣ー
宮 侑
ほら、はよ入って
あなた
え、ちょ




侑くんに押されて席に座ると隣に侑くんが座ってきた。




前に倫太郎くん、その隣に治くんと言う感じだった。







宮 侑
あなたの下の名前タブレット貸しぃ
あなた
はいどうぞ
宮 侑
っしゃぁぁああ爆食いだぁぁぁぁぁ
あなた
え、ちょ、ストップ!!!!!
あなた
ねえ!
宮 治
ツムてめぇ!!
あなた
ねええストップ!!!



たくさん注文する侑くんと、そのiPadを奪おうとしてる治くん。





机もガタガタしてちょっとやばい状況。







タブレットを奪おうとして手をかけるけど、高校生のバレー部男子に勝てるわけがない。
あなた
ねえちょっと倫太郎くん!!!
あなた
あ“




まともな方に頼もうと後ろを向くと、スマホをこちらに向かせてニヤニヤしてる。
あなた
ねえ助けて!!本当にお願い!!
角名倫太郎
ふーん?
角名倫太郎
じゃあ
角名倫太郎
倫太郎 って呼んでー
あなた
まだ会って3週間くらいでしょうが!!
角名倫太郎
じゃあ助けないー
あなた
わかったから!
あなた
倫太郎助けて!
角名倫太郎
はいよ





周りを横目でみると少し注目されてる。






倫太郎くんはスマホの録画ボタンを止めて、机の上においた。






そして近づいて________




ドガァァァン
宮 侑
い“
宮 治
い”



倫太郎くんは思いっきり頭にグーでパンチして2人は頭を抱えてうずくまった。





宮 侑
なにするんや!
宮 治
いったいんやけど!?
角名倫太郎
あなたの下の名前が困ってたよ
あなた
もう本当やめてよ!!
宮 侑
すまん…
あなた
はい、じゃあ注文するから。
宮 侑
おれトロ!!!
あなた
はいよー何個?
宮 侑
5
あなた
はぁ!?
宮 侑
普通やろ?
あなた
嘘でしょ……
宮 治
おれサーモン4
あなた
はいー、って4もかなりやばいぞ
角名倫太郎
大変だね
あなた
で、倫太郎くんは?
角名倫太郎
・・・
あなた
……
あなた
あぁ、もう、だるいって
角名倫太郎
ピコン


倫太郎君はスマホを取り出してカメラを起動して動画をスタートさせた。
角名倫太郎
ほーらカメラに向かって言って。
あなた
(よし、もうこう来たら)



そして肘を机にのせ、両手でぐーを作って顎に当てた。
あなた
ん“んんー、あ”あー
あなた
りんちゃぁんっ♡今日もぉかっこいいねっ♡
角名倫太郎
ブフッ
宮 侑
ブフッ
宮 治
ブフッ
角名倫太郎
おっwwwおもろすぎwww
宮 侑
きっつwww
あなた
はいこれで許してね
角名倫太郎
うんwww








プリ小説オーディオドラマ