第7話

古い記憶
44
2020/08/18 12:40
 お兄ちゃんッ...
叶人
うるさい黙って
ねぇっ...聞いてよッ
叶人
うるさいっ!付きまとうな!
ッ...
それでも聞いて欲しいのっ
叶人
何?俺が塾行けなくなったからざまぁみろって?
叶人
お前は治療費も色々出してもらって幸せだよな!
違うっ...
違うのっ
叶人
お前なんか嫌いだ!早く死ね!
うっ......
叶人
そうやってすぐ泣く!鬱陶しい!
叶人
もう話しかけてくんな!
ごめんないさいぃッ...
そんなッ...つもりじゃないのっ...
叶人
早く部屋に戻れ!
塾に行けなくなって友達にバカにされて
それでムカついて、棗にあたって
泣かせた。
死ねまで言っちゃった...
棗とは部屋が隣だから嫌でも棗の泣き声が聞こえる
死にたくないよと嫌わないでよと
酷いことした......でも、もう今更謝れない
変なプライドが邪魔するから
次の日棗は倒れて入院することになった。
倒れる度に、体調が悪くなる度に沢山の機器に囲まれて沢山の管に繋がれて、その姿を見るのが嫌で、棗のお見舞いに行かなくなった。













--------キリトリ線--------
お父さんも帰ってきて棗のノートを読んでる
お母さんはずっと泣いてて
読み終わったのか静かにノートをテーブルの上に置く
お父さん
悪いことッ...してしまった...!
お父さん
何一つッ...やりたい事ッやらせてあげられなかったッ
お母さん
ううぅっっ...!
お父さん
ちゃんと聞いてやれば良かったッ...
みんな、後悔してる。
お父さん
自分たちのストレスを棗にあててしまったッ...
棗は人体解剖されることになってる......
棗の病気について調べなければいけないそうだ
それは棗も承諾してたみたい
最後に会えるのは明日
霊安室に行かなくてはいけない
ピンポーン
叶人
俺出てくる...
駆け足で玄関に行きドアを開けると
叶人
棗の友達の......
茜です
俺は龍です。
なんで、棗のお見舞いに来なかったんですか...
叶人
......行けなくなった。
叶人
倒れたり体調が悪くなる度に沢山の機器に囲まれて沢山の管に繋がれて、そんな姿見たくなかったッ...
じゃぁ...嫌いって言ったのは
叶人
自分のストレスを当ててしまった。
叶人
棗、俺らのこと、悪く言ってなかった?
言ってませんでしたよ。
叶人
そっか......
優しい人って言ってましたよ。
優しい人なんて...酷いこと言ったのに
明日、必ず棗の所に行ってくださいね。
叶人
うん

プリ小説オーディオドラマ