前の話
一覧へ
次の話

第8話

56
2020/08/18 12:40
ガチャッ
叶人
棗......来たよ。
お母さん
棗ッ...
顔にかかっている布をめくる
顔は倒れた時よりも青白い
お父さん
棗...泣いたんだな。
確かに涙の跡がある
お母さん
ごめんなさいっ...棗ッ
お母さん
棗の事なんにも考えなかったッ
お母さん
棗ッ...成長したねッ
お父さん
棗...消えろなんて言ってごめんな
棗のまだまだ小さい手を握る
冷たくて、本当に棗なのか疑ってしまう
叶人
棗......
叶人
起きてよ......
叶人
ねぇッ...
倒れても意識不明になっても必ず起きてくれた
だから今回も
叶人
棗ッ!
棗の肩を掴んで揺らす
お父さん
叶人やめなさいッ
叶人
棗は起きるんだっ...寝てるだけなんだッ
叶人
棗と学校に行きたいッ
叶人
棗とちゃんと話したいッ
叶人
あぁぁぁッ!
ガチャッ
工藤
すみませんが、時間です。
お母さん
お願いまだやめて!
工藤
それは、無理です。
工藤
腐敗が進んでしまうので......
何人か人が入ってくる。皆防護服のような物を着ている
叶人
なんで...そんなもんつけてんだよ!
解剖医
何か感染症だったら困るからね
叶人
そんな棗を菌扱いすんなっ!
叶人
感染症だったら俺たちにかかってるはずだ!
解剖医
症状がまだないだけかもしれない
叶人
黙れ!
叶人
お前らなんかに棗を預けられるか!
解剖医
もう、これは遺体だ。
解剖医
君が言ってる棗くんじゃない
叶人
お前ッ...人としてどうなんだよ!
解剖医が棗に手をかける
叶人
離せっ!
お母さん
ヒクッ...
お父さん
叶人...やめなさいッ...
叶人
工藤先生どうにかしてくれよっ!
工藤
すみません...
棗が別のカートに乗せられ運ばれてく
叶人
やめてッ...やめてぇッ...










--------キリトリ線--------
工藤
すみません、棗くんのレントゲン......
そうだ......棗は...
看護師
工藤先生、少し休んだ方がいいですよ。
看護師
いつもみたいに朝屋上に行って。
工藤
うん。そうするよ。
ゆっくりと歩きながら屋上に行く
キィィィィ
棗くんが居るんじゃないかと思ってしまう。
いつもの定位置に座る
棗くんは俺が来ていない間、この空をどうやって思って見てたんだろう。
ポケットからスマホを出してフォルダーを開く
少し前に盗撮した棗の写真
工藤
棗くんなら怒りそうだな笑
工藤
あーもうッ...ほんとにダメだな、俺...
いつの間にか弟のように思えていた
こんなに大切になってたなんて
突然
「仕事しないとダメですよ」
そんな棗くんが毎日言ってきた言葉が聞こえる
工藤
そうだよな。棗くんは、助けられなかったかもしれないけど、他の人は助けられるよな。
そして屋上を後にした











--------キリトリ線--------
プルルルッ
突然茜から電話が来た
もしもし?
どうした?
俺、何か棗にできたかな?
うん。十分にできてるよ。
本当か?
うん
棗が言ってたよ。ありがとうって
なら、よかった...
明日はちゃんと学校来いよ?
わーってるよ
もう寝るわー!
うん
おやすみ
おやすみ
ブツッ
茜はほんとに、優しいな。
棗、ちゃんと言っといたからな。











--------キリトリ線--------
今日、高校生になって初めて学校を休んだ。
ふとした時に泣いてしまいそうだから
龍に迷惑かけたな......
棗が最後に言った言葉、お母さんとお父さんにも会いたかった。どうして、棗の気持ちを配慮できなかったんだろう。
グスッ
ガチャ
お母さん
茜、棗くんの事は悲しいと思うよ?でもね。
お母さん
心配かけちゃダメだよ。
わかってるッ...
でもっ...
お母さん
そんなに泣いてたら棗くん、心配しちゃうんじゃない?
う、んッ...
棗に、何かできたかな......
お母さん
きっとできてるわ
お母さんが背中をさすってくれる
お父さん
ほらほら〜!茜元気だせ!
お父さん
龍くんにでも電話しろ!
お父さん
謝っとけ!
わかった。

プリ小説オーディオドラマ