無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

Dial up(24魂)
しげ
しげ
(Rady?)
Hey you
いつも それはないんじゃない?
大体君がかけてきたんだろう
神ちゃん
神ちゃん
「もういい」告げられ
途切れるノイズなら
10分前も I heard... I heard...
かみこた
かみこた
外へ行けば 苛立つことだらけ
のんちゃん
のんちゃん
おまけにRain
りゅせしげ
りゅせしげ
ふいにこぼす ため息を引連れ
流星
流星
なんだよ僕だって
かみこた
かみこた
いつものNumber
しげこた
しげこた
指で探してるのさ
かみしげ
かみしげ
交わす言葉
見えないまま
Dial up 耳に当てた
Dial up 君の声つかむ
「You know」終わらない僕ら何故か愛しい
神ちゃん
神ちゃん
光る手の中のCell
履歴を見続けて答えを探してる
しげ
しげ
そう 2人信じて「Soul Mate」
うつろに揺らいでいく その夢
流星
流星
見慣れぬキミ 吐き出すため息
そのSighはキケンな駆け引き
のんちゃん
のんちゃん
すぐにHung up,出来ぬCall Back,
孤独な二人を繋ぐDial up
I can't say it yeah!!
I can't say it yeah!!
I can't say it yeah!!
I can't say it yeah!!
I can't say it yeah!!
I can't say it yeah!!
Dial up 君はどんな
Dial up 顔で手にした
Long time 繋がらないほんの数秒

Dial up 鳴らしてCalling
Dial up 僕も同じだと
「Bye-bye」当たり前のFin やけにおかしい