無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

アメフリ→レインボウ (24魂)
淳太くん
淳太くん
"ごめんなさい" と
1行だけのメールを何度
見つめてみても
照史
照史
君が悪いと思えないから
余計に涙 溢れたよ
淳太くん
淳太くん
いつも隣で
照史
照史
横顔を見てた
淳太くん
淳太くん
だから気持ちも
半分だけしか 分からなかったのかな
照史
照史
恋は
アメフリ→レインボウ 7色に濡れた空
照史
照史
ドキドキさせて
1人で歩く街も 何もしない土曜日も
照史
照史
輝くように
淳太くん
淳太くん
君は
通り雨のスピードで そっと洗い流すように
淳太くん
淳太くん
僕に注いで
雨上がりのハートに 大きな虹をかけるんだ
淳太くん
淳太くん
また歩きだそう
淳太くん
淳太くん
それでもすれ違う
あの日と同じ匂いに
照史
照史
恋の続きを感じて
しまうよ
照史
照史
そうさ
アメフリ→レインボウ 7色に濡れた空
照史
照史
ドキドキさせて
ほんの少し僕らを 背伸びしてた分だけ
淳太くん
淳太くん
大人に変える
照史
照史
君は
アスファルト飛び跳ねる
光の粒のように
淳太くん
淳太くん
僕をつつんで
雨上がりのハートに 大きな虹をかけるんだ
淳太くん
淳太くん
また歩きだそう