無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

先生  🔪
「先生は○○の身方だから。」
は?
「いつでも頼ってね。」
ふざけるなよ
自分は先生お前らのこと信じた
でも、
先生お前らは、
いつもいつも
強い方いじめっ子の身方になった
何度も何度も
先生お前らは裏切った
そう易々と
信じられるはず
ないじゃん。
始めから
助ける気がないなら
救いの手なんて
伸ばさないでよ。