無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

自傷 弐🔪
やっちゃった…
先生からの言葉。
「先生は、毒林檎のことを心配しているんだ。」
あっそ…だから…?
ストレスが貯まりまくって、
5本つけました。
すぐに消えるな〜。
まぁ、利き手の方に付けたんで
大人にバレたりはしないと思う。
でも、気づいた人が居てね、
「何それ、キモっ」
だって。
だから、笑って
「やってあげようか?」
って言った。
アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ
切った腕の方見てたら、
好きな人に、見つかった。
まぁ、相手は気づいてなかったけど。
こんな心境で、テストに試合か…
頑張るよ。
それなりに。
アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ