無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

泡   🔪
    別にいじめられている訳ではない


         友達はいる


  

   家庭内暴力を振るわれている訳でもない




      家族みんな本当に優しい




        だけどたまに



      「消えてしまいたい」


       そう思ってしまう



       死にたいんじゃない



        『消えたい』



       サイダーの泡のように


        シュワ~っと




          まるで





    存在などしていなかったかのように