無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

99
2020/12/08

第5話

悪いけど、また今度にしてくれるかなぁ
アヤノ
アヤノ
あれ?転校生は?
キョーコ
キョーコ
授業が終わるなりさっさと出てったけど
アヤノ
アヤノ
えええ!はやっ、まぁ、同じクラスだしいいか、それより!ねぇゆり、隣のクラスいかない?
キョーコ
キョーコ
うちらのクラスの子と、もう一人来たんだってよ、転校生、男子だって、イケメンだったらどうする?
アヤノ
アヤノ
えええこまっちゃう!
✄-------------------‐✄
休み時間がおわり、私は限の所へ行った
あなた

限、大丈夫?馴染めそう?

限
別に馴染む必要は無い
あなた

まぁ、そうだね

相変わらず冷たいなぁ
あなた

あんまり目立つようなことしないでね

限
・・・わかってる
そう言って私は教室へもどった
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
良守(式神)が廊下を歩いていると
グイッ
な誰かに引っ張られて外へ連れていかれた
良守(式神)
良守(式神)
悪いけど、また今度にしてくれるかなぁ
限
なにっ
機械的に話す良守にイラついたのか
限
ふざけんじゃねぇぞ
良守(式神)の顔を殴った
ぶつかった壁にヒビが入り、へこむほどの威力だった