無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
117
2020/12/08

第7話

何者
時音
時音
(これを見られたらまずいわ・・・なんとかしてとめないと)
時音
時音
こっちに来ちゃダメよ!
あなたは少し距離を置いて止まった
あなた

どうしてこんな所に生徒がいるんですか。今は授業中ですよ

良守
良守
それはお前もだろ
あなた

そうですけど・・・ですが、ここに居るということは、もしかして、あなた方も、何かを感じとってきたのでは?

時音
時音
(この子、何か知ってるのかしら)
良守
良守
お前、何もんだ
あなた

私ですか?私は、この度私立烏森学園に転校してきた、八雲あなたです。2年生です。

そう言ってあなたは壁のある方へ近づいて行った
良守
良守
お、おい
あなたは壁を見るなり呟くように行った
あなた

・・・間違いなく限の仕業ね

時音
時音
誰か知ってるの?
あなた

・・・まぁ、はい。
私は失礼します、では

良守
良守
お、おい!まて!