無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

100
2020/12/08

第4話

非情な転校生
キーンコーンカーンコーン
先生
先生
皆ー、席に着けー
先生が来るなり、生徒が着席し始める。・・・・・・良守は…😪😴💤…
先生
先生
今日は転校生を紹介する
アヤノ
アヤノ
え!うそ
キョーコ
キョーコ
季節外れの転校生ね
神田
神田
墨村くん今日も寝てる・・・
ざわ...ざわ...
先生
先生
静かに
先生
先生
入っていいぞー
ガラガラ
生徒
生徒
女子だぞ
入ってくるなりひそひそと喋り出す生徒
生徒
生徒
どんな子なんだろうねー
先生
先生
ゴホンッ。えーでは、自己紹介をどうぞ
私はみんなの方を向いた
あなた

初めまして。今日からこのクラスにお世話になります。八雲あなたです。・・・よろしくお願いします

私は深々と頭を下げた
自己紹介を終えたと、チラホラと拍手が聞こえる
先生
先生
席は後ろに用意してあるから
あなた

はい

私は自分の席へと歩いていく途中、寝ている子を横目で見た
あなた

(・・・寝てる)

そしてそのまま授業が終わり、休み時間になると、私は即座に教室から出た