無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

気づいて...ググ
ガチャ
ググ
ググ
あっ
リスカをしてる最中だったから手を咄嗟に隠した...
テテ
テテ
グガ何してんの
でも...今まで隠してたから大丈夫だったと思ったのに今回はダメだったみたいテヒョニヒョンの黒い声が僕の部屋に広がる...
ググ
ググ
えっとこれは違くて
テテ
テテ
なんで、また隠すの?
俺グガがリスカしてるの知ってるよ
もう手遅れだったみたい...
やっぱりテヒョニヒョンには敵わないなーこういう事だけ気づくのは早いんだよな...
僕の気持ちには気づかないのに
ググ
ググ
うぅぅぅ😭
もう僕無理です...
ググ
ググ
あの僕テヒョニヒョンが好きなんです
男の僕が好きーなんて気持ち悪いですよね‪( ◜௰◝ )‬
もう諦めるので...
僕は決心をしてテヒョニヒョンに告白した...

もう無理だから諦める!
テテ
テテ
...
ググ
ググ
では失礼します!
ポロ
あれおかしいな泣かないって決めたのに...

ギュ
ググ
ググ
えっ
テテ
テテ
ごめん、ごめん
ググ
ググ
俺を好きじゃないのにもう好きにさせないで...
テテ
テテ
す、好きだよ

俺グガ好きだよ
僕はテヒョニヒョンの思わぬ答えに戸惑っていると...
テテ
テテ
辛い思いさせてごめんね実は
テヒョニヒョンも僕みたいに男を好きって言われたら引かれちゃうんじゃないかって思って言わないでいたんだって...
テヒョニヒョンなりの優しさがあったんだな...
テテ
テテ
俺から言うね
好きです付き合って下さい(*^^*)
ググ
ググ
はい
僕達は今まで出来なかった日々を埋めた

今まで辛かったけどこれから幸せ掴むね!

皆も僕みたいに幸せになってね🥰