無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

たばこ
昨日の夜から君がいなくなって
24時間がたった
僕はまだ一歩も外には出ていない...
マイペースでよく寝坊する
君のことを想って5分早めた
家の時計
莉犬
莉犬
もう意味ないな
たばこの嫌いな僕を気付かって
ベランダで吸ってたけな
カーテンが揺れて目が熱くなった
もうそこに
莉犬
莉犬
君はいない
『もっとちゃんと僕をみててよ』

『もっとちゃんと』って
言わなければ
莉犬
莉犬
君はここにいたかな
--------キリトリ線--------
作者
作者
はい!
どうでしたか!
ななもり
ななもり
初にしては頑張った方じゃない?
作者
作者
ありがとう(;▽;)
そんなに優しいのはなーくんだけだよ...
莉犬
莉犬
俺も優しいよ(棒)
作者
作者
棒読みやんけ!
莉犬
莉犬
なんのことか分からないなー(棒
作者
作者
本当に棒読み止めて地味に傷つく...
さとみ
さとみ
長いんだよ!
作者
作者
すいません!
では次の小説で会いましょう!
おつぷり!
すとぷり
すとぷり
おつぷり!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まりすけ
まりすけ
アニメや、漫画、歌い手、実況者など色々な好きです! 仲良くしてくれると嬉しいです! 僕っ子の腐女子です! ヨロ(`・ω・´)スク!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る