無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

たばこ 2
僕のことは多分、がよく知ってる
眠たいときに体温が上がる
キスは短めが好きってことも
そのとき思った僕は君のこと
どれくらいい
莉犬
莉犬
分かってたんだろう
1番最初にうかんできたのは
君が好きな【たばこの名前】
『もっとちゃんと君を見てれば』
『もっとちゃんと』って
今さら気づいても遅いよな
『もっとちゃんと君を見てれば』
『もっとちゃん』って
今、気づいたって
莉犬
莉犬
なんの意味があんだ
--------キリトリ線--------
作者
作者
どうもバカ作者です!
どうでしたか!
ジェル
ジェル
いいんじゃないですか?
作者
作者
あのジェルくんからそんな言葉が貰えるとは....
ジェル
ジェル
いや、俺が変なキャラになるから止めて!
莉犬
莉犬
いや、お前は十分変だから安心しろ!
ジェル
ジェル
(´・ω・`)
ころん
ころん
ここまで見てくださいありがとうございます!
るぅと
るぅと
これからもバカ作者が頑張って書いていくので暖かい目で見てやってください!
ななもり
ななもり
それじゃあ皆!
作者
作者
なーくんそれ僕の仕事...
すとぷり
すとぷり
おつぷり!
作者
作者
おつぷり(;▽;)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まりすけ
まりすけ
アニメや、漫画、歌い手、実況者など色々な好きです! 仲良くしてくれると嬉しいです! 僕っ子の腐女子です! ヨロ(`・ω・´)スク!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る