無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

33
2021/06/23

第5話

上田紗枝 (2)
カフェから出て15分 上田紗枝の家に着いた
美咲 結愛
いるかな?
綺羅星 来夏
チャイム鳴らしてみよーっ!
『ピンポーン』
紗枝のお母さん
はぁーい
お母さんらしき人物がドアを開けた
『ガチャッ』
紗枝のお母さん
あら、貴女達は?
綺羅星 来夏
紗枝っちの友達です!
美咲 結愛
遊ぶ約束してまして…。
東庭 凪咲
紗枝ちゃん居ますか?
紗枝のお母さん
居るわよ〜、呼んでこようか?
美咲 結愛
紗枝の部屋に上がってもいいですか?
紗枝のお母さん
いいわよ。散らかってるけどね
紗枝のお母さん
さぁどうぞ
そう言ってドアの横にどく
私は『おじゃましまーす』と一言言ってから入った


他の皆は大勢で行くと迷惑だから。という理由で玄関で待っている
『スタスタスタスタ』
静かに歩き2階へ上がった
すると─────
『ガチャッ』
上田紗枝
なーおーくーん!
才川直太
何〜?紗枝
抱きついている2人を目撃
私はパシャリと写真を撮り、すぐにずらかった
『ガチャッ』
そーっと階段を降りて玄関へ向かった
適当に言い訳を考える
美咲 結愛
紬、シャーペン渡してきたよ
釆澤 紬
ん、ありがと〜
そうして紬の横を通る時伝えた
美咲 結愛
証拠ゲット
にっこりしながらそう言うと
紬も不穏な笑みを浮かべていた
✳✳✳
解散になり家へ帰る
メッセージアプリで来夏達から連絡が来ていた
グループメッセ
来夏
皆、今日はおつかれ〜!で、結愛…!どうだったん?
結愛
バッチリ👌
そう送るとすぐに既読が3つついた
緋雨
すごい…っ!
来夏
さっすが〜!
見して見して!
結愛
はい
そう言って画像を送る
来夏
うっわ、これって5軍行きかな
緋雨
そうじゃないかな?
ま、遥がどんくらい怒るか…で決まるんだけど
結愛
そだね
緋雨
そういえば…、どうやってこの画像を広めるの?
来夏
確かにーっ、どーすんの?
私に考えがあるの
結愛
えっ?!
朝早くからコピーしまくってばらまくのが妥当かな〜って
来夏
それいいかも!
結愛
確かに!それ良い!
緋雨
じゃあ何時に集合する?
うちの学校の門が開く時間は8時
だからその前に行かなくては
7時はどう?
結愛
ん、いいかもね
緋雨
じゃあ7時に教室でいい?
いいよ!
結愛
了解!
来夏
おっけー!
そうして会話は終わった

『明日が楽しみ』
彼女たち4人は全員同じ思いだった




次回…♡×2で公開