無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

プロローグ④
西村「あなたちゃんの連絡先!?!?」

島崎「へへ、斗亜達交換したで~~~!」

大西「あなたちゃん、交換しよや」

二ノ宮『うん、ええで~~』

大西「ありがとう、」

西村「俺も俺も~~~!」

二ノ宮『うん、ど~~ぞ、笑』

西村「やったあああ~~~!げっと~~!」

こんなに優しくされたら 、 好きにならへん 理由も
ないよな 、


そうやねん 、 私 西村くんのこと 好きになった みたいや


それで 、 悩んでるとき に 大西くんが 話しかけてくれて

そこで 大西くん、 いや 風雅と仲良くなれてん

悲しいことがあっても慰めてくれて、

ほんまに あの時は優しかってん 、

今はな 、 失恋してもーて 、 話す機会もないねん 、

あ、告白はしてないで ?

告白されてて OKしたところを 見てしまってん 、

風雅なりに 放置してくれてるはずやねん 、

拓哉 からは毎日惚気やったり 、
そりゃ、ちょっとは傷つくけどな、

好きな人の恋は応援したい って気持ちが強いねん!!


まあ、ここまでが 風雅達と出会った 話やな 、










どうも!!!作者です!!!

次から 大西風雅くん がたーくさん でてきます !!