無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

9
二ノ宮『なあなあ、意外にあの2人ラブラブやな、』

大西「…そうか?」

二ノ宮『だって、手繋いでるやん』

大西「まあ、そうやな」

二ノ宮『美空かわいいな~、乙女の顔してる!!』

大西「乙女の顔ってなんやねん」

二ノ宮『女の子らしい顔してる!!』

大西「よくわからんわ、」

二ノ宮『…わからんでいい!!』

大西「なあ、俺らも手繋ぐか?」

二ノ宮『は!!!なんで!//』

大西「だって、はぐれるかもやん」

二ノ宮『はぐれそうなのは風雅やで』

大西「いや、あなたやろ、小さいし」

二ノ宮『…仕方ないなあ、』

大西「俺と手繋ぐのいや?」

二ノ宮『どうしたん、急に』

大西「俺より、斗亜とか虎太郎の方がいい?」

二ノ宮『なあ、どうしたん?』

大西「質問に答えてや」

二ノ宮『………風雅がいい』

大西「!!ほんまに?////」

二ノ宮『自分で聞いといて照れんといてや///』

大西「ほな、行こか」

二ノ宮『おん!』