無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

プロローグ③
二ノ宮『いや、天然ちゃいます!』

西村「へへ、そかそか」

お~、西村クンって、爽やか男子なんやな~

西村「全然、爽やかじゃないで??」

二ノ宮『え、!?』

大西「全部声に出てたで」

二ノ宮『/// ま、まじか』

西村「はは、面白いね!!」

大西「どうする? 斗亜たち」

西村「ん~、呼ぶか あなたちゃん、 男子増えても大丈夫?」

二ノ宮『うん、全然大丈夫やで!!』

大西「とあ~ お昼食べるで いつもの場所で待っとる」

?「わかった~~!!」

~屋上到着~

二ノ宮『わ~、屋上広い ここで寝れるやん 今度さぼろ』

西村「うわ、あなたチャン 先生に言うとこ」

二ノ宮『ちょ、やめて 西村くん、笑』

?「やっほおお !! お腹すいた~~~!!」

大西「遅いで 腹減ったわ」

二ノ宮『えっと…?』

西村「よーし!! 自己紹介たーいむ!!」

島崎「俺から !! 島崎斗亜 よろしゅう!!」

岡崎「岡崎虎太郎やで!! よろしくう!!」

當間「當間琉玘!! よろしく!!」

二ノ宮『當間…くん?? めっちゃかわいいな!!』

當間「ありがとう…!笑」

大西「じゃあ、食べよか」

二ノ宮『へへ、うまあ~~♡』

西村「あなたちゃん、口についてんで~~!」

二ノ宮『え、まじで!?!?』

西村「取ってあげたいけど そっち側まで届かんわ~」

島崎「ふうさんの方が近いな、 取ってあげり?」

二ノ宮『大西くん、お願いします!!』

大西「どこにつけて食べてんねん」

二ノ宮『ありがとう~~!』

大西「あ、うま」

え、大西くん 私のほっぺたに付いてたやつ
食べたで!?!?!?

西村「やだ~~ふうさ~~~ん、積極的~~~」

大西「たく 、うるさいで ?」

西村「………ごめんや~~~ん?」

大西「はあ、許したる」

西村「へへ、☆」

大西「ジュース奢りな」

西村「え、」

二ノ宮『ふふ、仲良いね、笑』

岡崎「そうやなあ、でも結構昔からおるんやで?」

當間「そやねん、俺だけ1個下なんよ 、」

二ノ宮『あ、かわいい』

岡崎「今度遊び行かへん??」

二ノ宮『ええで、行こや !』

島崎「連絡先交換しよや~~~!」

二ノ宮『ええで~~、西村くん達は……いっか!』

當間「やったあ~~! あなたちゃんの連絡先~~~!」