無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

11
風雅 と 付き合って1週間 。

ラブラブしたい!!!けど テストやねん 、

赤点取ったら 冬休み補習やし 、、

だから 、放課後は図書館で勉強することに決めてん!!

ちなみに、私の勉強のお供は 音楽やで !

めっちゃ 、頭に入ってくるからおすすめやで~!


美空「あなた~、この後ひま~?」

二ノ宮『あ、ごめん美空 、 今日から勉強するねん』

美空「テストあるもんね~、そかそか」

二ノ宮『そやねん、ほんまにごめん』

美空「大丈夫やで!!頑張ってな~~!!」

二ノ宮『そろそろ、行くか~』










二ノ宮『なにこの問題、全然わからへん』((小声



二ノ宮『あ、こーゆうことか!!』((小声



二ノ宮『今回のテストいけるんちゃう!?』((小声


?「…あ、なあ」


二ノ宮『なにこれ、わからへん…、』((小声


二ノ宮『あ、イヤホン取れた、 …風雅!!』

大西「勉強してるん?」

二ノ宮『そやで』

大西「俺もする」

二ノ宮『風雅、頭ええやん』

大西「当たり前」

二ノ宮『教えてくれるん?』

大西「赤点取られたら困るからな」

二ノ宮『…なんで困んの? 笑』

大西「わかってるやろ」

二ノ宮『え~、わからへん』

大西「…ほんまにしんどいで」

二ノ宮『ごめんって、笑』

大西「耳貸して」

二ノ宮『えっ 、』

大西「赤点取られたらデート出来ひんやん」



いいっすねえ!!!!


あ、どうも作者です !!
今、ちょうど課題してて 、思いつきました 、笑