無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

4
大西「今日も 、あなたと帰るんや、」((独り言

















岡崎「ふうさん?? どしたん」

大西「今日も一緒に帰るねん」

岡崎「あなたちゃん??」

大西「おん」

岡崎「へへ 、 今日1日変やったで、」

大西「誰が??」

岡崎「え、ふうさん 、笑」

大西「どこが?!?!」

岡崎「なんか上の空って感じやったで」

大西「そか」

岡崎「なにか考え事でもしてるん??」

大西「ん~ 、 秘密」

岡崎「何それ~、俺も恋して~~~、」

二ノ宮『なになに、誰か恋してんの~~~?』

大西「……!!なんでここにおるん」

二ノ宮『なんでって、お昼食べに来てん!!』

大西「あ、そうか」

二ノ宮『どしたん、風雅、笑』

大西「いや、別に、」

二ノ宮『そかそかあ、笑 じゃあ、今日放課後待っとくな~~』

大西「おん、」

岡崎「デート、誘ったら??」

大西「いや無理だろ」

岡崎「ふうさん、あほやな~~、ダブルやで??」

大西「…………ダブル??」

岡崎「そや、ダブルデート!!」

大西「ダブルって誰と、」

岡崎「そんなんわかるやん!! たく のとこ」

大西「たくか、 聞いてみる」