無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2021/08/02

第11話

怪我の手当
翔太「これで大丈夫だと思う」
照「良かった…」
翔太「ただ目を覚ますかは分からないけどな…」
ふっか「俺のせいだ…」
めめ「ふっかのせいじゃない…」
舘様「一体誰が…」
阿部ちゃん「今犯人について調べてるからちょっと待って」
ふっか「俺が悪いんだ!!」
めめ「ふっかは後ろにいたから気づかなかったんでしょ?」
ふっか「そうだけど…でも…」
めめ「気持ちは分かるけど気づかなかったんだからしょうがないしもう起こってしまった事だから今更どうすることも出来ないよ」
ふっか「そんな事はわかってるよ!!」
照「ふっか落ち着けお前は悪くない悪いのはあなたを撃った犯人だ」
ふっか「なんで…あなたが…(泣)」
こーじ「目を覚ますまで待とうや」
舘様「そうだね…」
ラウ「大丈夫だよあなたは死んでない翔太が手当をしてくれたから」
翔太「ラウの言う通りだだからふっかあんまり自分を責めたら駄目だからな?」
ふっか「(´;ω;`)(号泣)」
阿部ちゃん「あなたを撃った奴絶対に許さない!!」
照「早く犯人を探さないとな」
ふっか「復讐してやる!!」
照「皆で復讐しようぜ!」
9人「おう!」
あなた「(目を覚ます)ここ…は…」
ふっか「あなた?あなた!?分かる??」
あなた「ふっか…僕は…」
翔太「喋らなくていいお前は怪我してるからな」
あなた「(起き上がろうとする)ッイッタ…」
翔太「無理に起き上がろうとするな…腹部を撃たれてるから安静にな」
あなた「ごめんなさい…」
翔太「あなたが生きてて良かったよ」
あなた「ふっか…照…心配かけてごめん…皆も…迷惑かけてごめんなさい…」
ふっか「そんな…謝るのは俺の方だよ気づけなくてごめん!!庇ってくれてありがとう…」
あなた「庇っても結局は倒れちゃったけどね…押した時痛くなかった?」
ふっか「全然痛くなかったよ」
あなた「なら良かった…」
照「急にさふっかが大声で叫ぶからどうしたんだろうって思ってさびっくりしたぞ?」
ふっか「あの時は必死だったからさ…あなたが死ぬんじゃないかって思ったからさ…」
照「生きててよかったよ本当に」
あなた「撃った犯人知ってる」
ふっか「誰なんだ?」
あなた「半場愛実」
照「え?お前の親?」
あなた「うん…会ったから」
9人「許さねぇ!!!」
あなた「待ってろよ!!絶対に倒すからな!!」
--------キリトリ線--------
To Be Continued