無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

101
2021/08/02

第15話

傷の手当
翔太「……」
阿部ちゃん「あなたは?」
あなた「大丈夫だ」
ふっか「どうしたんだろう…あなたが殺られるなんて…」
照「多分両親の事を考えてるんじゃないか?」
ふっか「どういう事?」
照「いつ会うか分からないから警戒してるんだと思う…」
ふっか「じゃあ司令だけにした方がいいかな?」
照「いやそんなことはしなくても大丈夫あいつの事だ絶対持ち直す」
翔太「でも今回の傷で深くやってるから動くの難しいかもしれない…」
舘様「動ける確率もあるんだろ?」
翔太「まぁ…そうだけど…」
こーじ「その確率信じようよ」
翔太「そうだな」
ふっか「目を覚ますのはいつぐらいになりそう?」
翔太「分からない…」
あなた「(目を覚ます)翔太…ごめん…」
翔太「謝るな」
あなた「私って迷惑かな…」
照「そんな事誰も思ってねぇから安心しろ」
あなた「ありがとう…」
照「最近やられることが多いけどどうしたの?」
あなた「いつ家族と会うのかわからなくて怖くなって…」
ふっか「目の前の敵の事考えてないと殺されるぞ?」
あなた「分かってるよ…」
 翔太「外回り止めとくか?」
あなた「親の居場所がもう少しで分かるからそれまで待ってそしたら元に戻るから」
照「分かった」
あなた「ありがとう…」
阿部ちゃん「あなたここで間違いない?」
あなた「うん」
照「盗聴器は付けてあるからこれで大丈夫だ」
あなた「そうだね」
ふっか「半場達の居場所見つかった?」
阿部ちゃん「見つかった」
ふっか「じゃあ早速今から行くぞ!あなた!殺るか?」
あなた「うん…」
--------キリトリ線--------
To Be Continued