無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

122
2021/08/02

第8話

約束の日ともう1つの依頼

ヤクザ「……」
あなた「神崎さんどうしたの?」
ヤクザ「来たんだね…」
阿部ちゃん「……」
ふっか「阿部ちゃんもどうしたんだ?」
阿部ちゃん「逃げられた」
照「どういうこと?」
ヤクザ「逃げたんだ…」
あなた「え!?じゃあまた引越したの!?」
ヤクザ「すまない…」
舘様「謝ることじゃないですよ」
あなた「またやり直しか…せっかく見つけたのに…」
阿部ちゃん「多分俺らの存在に気づいたんだと思う」
あなた「どういうこと?接触してないでしょ?」
阿部ちゃん「俺ら喫茶店で話してた時にさ半場告げる半場愛実が居た」
照「それと何が関係しているんだ?」
ふっか「俺ら声抑えてただろ?」
ヤクザ「俺とは面識があるからです」
舘様「そういう事か…」
あなた「また1から調べるから大丈夫だよ」
ヤクザ「本当にごめんな…」
ふっか「ていうかさ借金取りが今日来るから逃げたんじゃない?」
あなた「うわー最低ーじゃあ殺されても当然だね笑さぁ会うのが楽しみだな〜笑」
10人(この子怖い…)
照「もう1つの依頼が来てるんだ」
ふっか「そうだったねでどんな人?」
あなた「須津美来」
照「そうだ」
あなた「この人は何人も人を殺してる無差別にそして悪くない人も」
こーじ「それってもう殺人じゃ…」
ふっか「俺らが言えたことじゃないけどな?」
こーじ「そうかもしれないけど…でも…」
めめ「俺らは殺し屋が職業だ殺人じゃない」
舘様「俺らの仕事は立派な犯罪なんだけど?」
めめ「そんなことはどうでもいい()」
あなた「依頼来てるんだから殺らないとな」
ラウ「よし殺ろう!」
--------キリトリ線--------
To Be Continued