無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
NO side
ある少女は1人、こう呟いた。

『私なんかが……
___さんの名前を継ぐことなんでできない…』
あなた

私……ううん。
僕に生きる意味なんてないよね

あなた

死ぬしかない___

彼女は海へ向かっていた。
家族や友達、なにもかもを失くしてしまった。
そんな自分に生きる意味などない___
少女の人生は若くして終わってしまう。













































____はずだった