無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,023
2018/12/26

第14話

14










先生 , 素直で なんか 私より 年下みたい ㅋ














きす も もうしないで って 言った時の









先生の 顔には










「えっ、 やだ っ 」 って書いてあった ㅋ
















かわいんだけど , 先生 。
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
ねぇ  あなた  ??
ち ょ ん
ち ょ ん
なんですか  ?
と返すと 、
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
ねぇ  ほんとに  嫌いなの  ?
と  ちょっと すねた 声で 聞いてくる 先生 。
ち ょ ん
ち ょ ん
どうでしょうか  ねぇ ㅋ
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
え   、 ねぇ 僕 
けっこー本気で 傷ついたんだけど 、
ち ょ ん
ち ょ ん
みあんはむにだごめんなさい
と すこし 戸惑いながら 謝ってみると
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
だめ  っ         そんなんじゃ 謝ったうちに 入らないよ 
ち ょ ん
ち ょ ん
んじゃ どう謝れと  ?
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
((  耳元で
そこは. . . 体で 払ってもらおうかな ?
ち ょ ん
ち ょ ん
へ  ??
と  間抜けな声を  だした 私  。














ん ??



















ちょっと まて 、




















体で 払うとは ??















とゆー ことは 、


















ぴょんて





















な ことを 先生と する

















って事 ??
ち ょ ん
ち ょ ん
ちょ っ ,   ぴょんて !
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
え  ??  
知らなかったの ?? ㅋ









開き直ってやがる ぱく じみん ←
ち ょ ん
ち ょ ん
いや 、 取り敢えず  わたし そんなこと しませんから  !!
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
さぁ   ,   それは  どーかな  っ ?
 











と 、 意味深な 発言 を する 先生 。















私 , 先生のこと ますます わかんない 。
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
好きなんでしょ  ? 僕のこと 、
  , 混乱してる ときに 

















もう ひとつ 事実を 思い出した 。


















そうだ 、
















先生 、 ひとの 心 読めるじゃん 。 ←