無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,411
2018/12/20

第6話

6














あの一件 の あとから よく保健室 に行くように なった 。





























先生の えがお を 見ると















いやだ なぁ ッ なんて 思ってた ことも 吹き飛んで 、






























私も 自然と 笑える ように なった




















______ ガラガラガラッ ______
ち ょ ん
ち ょ ん
先生ぃ 〜  聞いてください  ッ  !
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
お〜  どしたぁ〜  
(( ぱく先生の 真似
ち ょ ん
ち ょ ん
え   ッ  なんで  お爺  ?
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
いたら  悪いか  、 ?
ち ょ ん
ち ょ ん
いや 〜 別に〜 ?
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
んで  どーか したのか  ?
えぇ  ッ   お爺に 言うのは 抵抗 あるわ  ㅋ
ち ょ ん
ち ょ ん
なんでも ない  ッ ㅋ
ち ょ ん
ち ょ ん
てか お爺  久しぶりね 〜
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
おう 。
と  気力の ない返事を して返す 

お爺 みん ゆんぎ
ち ょ ん
ち ょ ん
んじゃ 〜  帰るわ 〜
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
は  ? 待てよ
ち ょ ん
ち ょ ん
え ぇ ッ ?
ち ょ ん
ち ょ ん
どうしたの  ?
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
お前  ッ ほんとに 大丈夫 なのか ?
ち ょ ん
ち ょ ん
いやぁ もう 見ての 通り  ピンピン っ !
嘘  ッ










出来ることなら こんな 人生


















やめたい 。
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
お前  そーゆーの  ほんとやめろ  。
ち ょ ん
ち ょ ん
  は  ?













って 言ったら 持ち上げられるんじゃ ないか って





くらい 強い力で 、










抱き締められた 。
ち ょ ん
ち ょ ん
うぅ  っ  
苦しい  苦しい  ←
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
俺の前  だったら  無理な ことは むり  って  言っていいから  
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
思ってる  こと  ぜんぶ、 言っていいから 
 み ん  ゆ ん ぎ  氏
み ん ゆ ん ぎ 氏
俺に  頼って  _____  。
ち ょ ん
ち ょ ん
  . . . ッ  。 
ち ょ ん
ち ょ ん
お じ い ぃ ぃ ッ  





誰も いない ことを いいことに お爺の 胸を 借りて 泣いた 。



















泣き止む まで ずっと 抱きしめて くれて





そーゆー 結局 優しい とこ お爺 だなぁ って 思った 。








涙も かわいて 教室に 戻ろうか 格闘してると 、











______ がらがらっ ______






ドアの 開く音が 聞こえた 。




























✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄











はい っ 柵冩 です ♡













このたび ユンギ氏 が 大活躍 です ㅋ

















ですが 誰かが 邪魔しに 来ちゃいましたぁ 〜 ㅋ










お楽しみにぃ〜 ✨











こめんと 待ってるよ ❣











あんにょん 👋