無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,698
2018/12/19

第5話

5
















やだ 帰りたい ( ˙-˙ )






 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
戻らせないよ  ㅋ
え  聞こえてんの  、この声  。
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
帰りたいとか  思わないの  。
え、


















何この人 、 怖い 。 ←










やっぱ 切るのやめよ 、 。





どうせ 逃げさせて くれない 。





この先生 は、 。
ち ょ ん
ち ょ ん
やっ  ぱり   行きません   ッ
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
どうせ  切ろうとか 考えたんでしょ  ?
ち ょ ん
ち ょ ん
だから   私が りすか してると 決めつけないで  ください  。




って 言ったら 腕を 掴まれて シャツ を 簡単に 捲り あげられて 「 やっぱり ね ... 」 と 深刻そうな 顔になった 。
ち ょ ん
ち ょ ん
ッ  ッ  !!!
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
だから  俺は 分かってる って   。
ち ょ ん
ち ょ ん
...  ッ  
ち ょ ん
ち ょ ん
なんで   なんで  知ってるの  、
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
  みん   ゆんぎ    ちょん  じょんぐく
とか 言うふたり が あなた を
助けろ って 言ってきて 。
  ぐぎ   . . .  。





お爺 まで ... 。

お爺 そんな事 する人じゃ ないでしょ (


てか ぐぎ そんな事 思っててくれたんだ 。
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
お前の  こと ちゃんと 思って くれてる  やつも いるんだろ  。
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
そいつ  の気持ち  考えてやれよ  。
ち ょ ん
ち ょ ん
最低な きす しといて  よくそんなこと言えますね  先生  。
  事の 核心  を  突かれて  



思って も ないことを 言った 。
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
 . . .   。
黙 る先生  、
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
... ごめん  。
本当は あんなふうに するつもりじゃ なかった 、
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
なんか  あなたの 心が 一瞬だけ 見えて  どうしても 人の愛を 伝えたくなった  って  言うか   、、  / / /



くちべた ? ㅋ










先生 。









私の こと 分かろうと





してくれてるの かな ______ 。







先生なりに ?








ち ょ ん
ち ょ ん
  ありがとう  先生  。   ( 微笑
 ぱ く    先 生
ぱ く 先 生
. . .  ッ /





ぱく side








あなた やっと 笑ってくれた、 。








なんで あなた の えがおって




こんなに 綺麗なんだろう 。



だめだ また キス したら





こんどは 話してもらえなくなっちゃう ←





気をつけなきゃ 、! (( 可愛いかよ







やばい 俺、










けっこー あなた のこと 好きなのか 。 /