無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

事件
実は、私たちは、キスをしなくちゃ罰が与えられるという事をナオトさん、メンバー以外には、言っていない。逆に、バレたらやばい。だけどついにバレてしまった。
スタッフside
スタッフ
スタッフ
え、あれってキス、、?やばく無いとりあえず誰かに言わないと
ちなみにこういう感じで目撃してしまいました。
スタッフさんすみません
スタッフ
スタッフ
ちょっと聞いてくださいよ!実は、ほにゃららで!やばく無いですか?
スタッフ
スタッフ
やばい笑
この話は、スタッフの中ですぐ広まった。
メンバーside
與那城   しょう
與那城 しょう
よし!みんな撮影終わったし帰ろっか!
木全翔也
木全翔也
はーい!
バスに乗りました。
ブーン
家に着きました。
色々して寝ます。
おやすみなさい💤
翌日
私は、いつものとうり、メンバーの朝ごはんを作っていた。その時純喜君が慌ててこっち側に走ってきた。
河野純喜
河野純喜
ねーあなたやばいマンションの下見てみて。
you
you
(なんだろ)
私は、みた瞬間ポカンとなった。

え、なにこれ
河野純喜
河野純喜
落ち着いて聞いてな。キスのことがバレてん、、昨日お昼キスしたやろ。そん時誰もいないと思ってキスしたけどその瞬間スタッフさんがちょうどみちゃったみたいで
河野純喜
河野純喜
気づいたらこうなってたってわけ。
you
you
え、ごめんね。絶対私のせいだよ。あん時ちゃんといないか確かめて、違う場所ですれば良かった。
河野純喜
河野純喜
なんであなたが謝るん?しょうがないやろ今度から気を付けよう!ね!
you
you
うん、、(紳士かよ)
やばい略しすぎて、自分に呆れてきた、、ごめんなさい🙏
やばい順番間違えた。
可愛すぎる。最近本当に純拓が好きすぎて、、