無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

2回目のキス
バスで移動して撮影現場に着きました!

今日は、雑誌の撮影!みるの楽しみだなー。でもせっかく来させてもらったんだから、スタッフの皆さんの仕事手伝わないと!
you
you
みんな今日は、頑張ってね!
河野純喜
河野純喜
おっしゃーテンション上げてこー!
佐藤景瑚
佐藤景瑚
アゲー🤟🏻
いざ撮影開始!やっぱりみんなお仕事となると雰囲気変わるなー。

よし私も手伝うか!!
you
you
あのースタッフさん!!何かお手伝い出来る事ってありますか?
スタッフ
スタッフ
あーいいよ!悪いし、、
you
you
いやいやそんなこと言わないでください!手伝いたいです!
スタッフ
スタッフ
あ、ほんと?じゃあお言葉に甘えてちょっと手伝ってもらおうかな。
you
you
はい!
you
you
じゃああそこの荷物を運ぶの手伝ってもらっていいかな?
you
you
はい!力だけは、自信があります!
スタッフ
スタッフ
よし運ぼうか。
運びました
you
you
ふー疲れた!
スタッフ
スタッフ
ありがとうね!
you
you
はい!こちらこそ
その頃メンバー内では、、
河野純喜
河野純喜
ねー拓実あのスタッフさんの仕事手伝ってるのってあなただよね!
川西拓実
川西拓実
うん!思った!めっちゃええこやわ〜
河野純喜
河野純喜
 それな
正午12時
もうすぐ2回目のキスです。
you
you
純喜くーん!
you
you
ちょっと来て
河野純喜
河野純喜
あ、オーケー
you
you
純喜くーん。キス、、
河野純喜
河野純喜
あ、そうやな。
チュ
you
you
ちょ急にキスしないでよ、、
河野純喜
河野純喜
ごめんごめん笑
ちなみにこういう場所でキスしました。
やばいわかりずらすぎるんですけどこういう暗めの階段側でしました!あ、あと好きな写真貼り付けるんだった!



ドンッ