無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

前田side
結菜昨日は
結菜
澪〜昨日はごめんね
みおちゃん
ううん
昨日は大丈夫だった?
結菜
お母さんの用事忘れてて
結菜
前田もれっちーもごめんね
れっちーくん
大丈夫
結菜!
ちょっとこい
結菜
何よ
いいから!
俺なんか変だ
すぐむきになってる
あーーー!
結菜!昨日何があった、
泣いてたんだろ
結菜
……知るか、
どうしたんだよ
お前変だよ
俺もだけど
結菜
別に、おつかいだよ
そんなことしたことねぇだろ
しかもおばさんお前に頼んでもすぐ忘れるからいっつも俺に頼んでるじゃねぇーか
結菜
たまたまだよ
だから!
結菜
もぅいくから
おい!
くそっ
なんなんだよ
あいつなんか隠してる
ぜってぇー
あいつ嘘つく時
なんか雰囲気が違うから
なんか変なオーラがあるって言うか
とにかくなんか変
れっちー
れっちーくん
どうした?
なんか、俺、今日変だ
れっちーくん
そうだね
れっちーくん
っていうか桜河も結菜ちゃんも変だよ
は?
れっちーくん
なんていうか、桜河は俺に会うとすぐテンパってるし、結菜ちゃんは、なんか隠してる
れっちーくん
お前も
れっちーくん
何隠してんの?
何も隠してねぇ〜よ
れっちーくん
……結菜ちゃんのこと好きだろ
っ!
なんで、なんでバレてんだよ
れっちーくん
お前わかりやすい
…ぜってー言うなよ
れっちーくん
当たり前
結菜も、気づいてんのか?
だから、
変だったとか、
……いや、有り得ねぇ
ぜってぇ
れっちーくん
声、出てる
恥ず