無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

澪side
れっちーさ
好きな人とかいるの?
れっちーくん
どうして?
いや、れっちーって女の子のことそういう目で見るのかな〜って
れっちーくん
どうだろう、僕が気づいてないだけで好きな人はいるのかも
え〜そんなことあるの笑
れっちーくん
分からない
れっちーくん
だって好きな人って基準が分からないんだもん
え、どういうこと?
れっちーくん
秘密
れっちーくん
僕用事あるから
え、え、どういうこと?
れっちーは、初恋、まだ?
いやいやそれは無い、さすがにお母さんか、保育園の先生にぐらいは、恋したでしょ
私だってパパにしたもん
……
え、なら私がその凍った心を溶かしてあげんの?
うぉー私運命の人になれちゃうじゃん
結菜
みーお
結菜
何難しい顔してんの?
結菜私
運命の人になるよ
結菜
うん何言ってるかわかんない
だよね〜アハハッ