無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

§9
アジトに帰宅
ユンギ
ユンギ
着いたぞ
ジミン
ジミン
ついたー
ジュヒョン
ジュヒョン
ここどこですか?
you
you
この人たちのアジトですよ
ジュヒョン
ジュヒョン
そうなんですか…
ユンギ
ユンギ
もたもたしてないで
降りろ
ジュヒョン
ジュヒョン
はい
V
ヒョーーーーン
ユンギ
ユンギ
うるさいなぁ
V
この人の部屋どこにする?
you
you
えっ!
まだ部屋あるの?!
V
うん
あるよ
you
you
すごっ…
ユンギ
ユンギ
お前名前は
ジュヒョン
ジュヒョン
ジュヒョンです
ユンギ
ユンギ
ジュヒョンお前の部屋は
あなたの部屋の隣だ
ジュヒョン
ジュヒョン
分かりました
ジュヒョン
ジュヒョン
何から何まで
ありがとうございます
ジュヒョン
ジュヒョン
チラッ(あなたの方を向く)
you
you
ジュヒョン
ジュヒョン
ニコッ
ユンギ
ユンギ
(ん?)
ユンギ
ユンギ
(あいつら…まさか……グル…)
you
you
(待って…ユンギさんにバレたかもしれない…)
V
ねぇあなたちゃん
どうしたの?
V
なんかソワソワしてるけど
you
you
えっ?あっ!
初対面の人と一緒に住むから
少し心配でさ…
V
そうなんだ…
大丈夫!
何かあったら僕たち守るから!
you
you
ありがと(*´∀`*)
V
(//∇//)(キュー❤︎ーン)
ジミン
ジミン
テテどうしたの?
お顔赤いよ?
V
ちょっと疲れちゃってアハハ
ジミン
ジミン
無理しないでよ?
V
うん!
ありがとう