無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

375
2020/04/03

第8話

はち
順番おかしい気がするけど…もうすぐ夏休み☆
の前にテスト…
先生
テスト赤点とる人は夏休みはほとんど無いからな。
先生
だから、ちゃんと復習しとくように!
そう言って先生は教室から出ていった。
莉犬
莉犬
ねー(´;ω;`)勉強教えて?
あなた

だってよー!なな

なな
なな
え、私?w
莉犬
莉犬
いや、じゃなくて…
あなた

それななに対してひどくない?

莉犬
莉犬
あ、うん!ななちゃんで良いんだけど…
なな
なな
あっ…(察し)
なな
なな
あなたが教えてあげなよ
ほら、頭良いじゃん
なな
なな
私、今回危ないんだよね
あなた

そーなら、仕方ないけどさー

莉犬
莉犬
゚.(・∀・)゚.゚パァァァ
あなた

じゃ、放課後図書室でも行くかー?

莉犬
莉犬
うん!



****
放課後、私と莉犬は図書室へと向かった。
テスト前だというのに人は一人もいない。
あなた

誰もいないねー

莉犬
莉犬
うん、2人っきり…だね
あなた

じゃ、始めよー?

椅子に座り教科書を広げた。
あなた

どこが分かんないの?

莉犬
莉犬
えーっと、ここら辺とか?

莉犬side
ただいま勉強中
俺のすぐ隣で寝ているあなた。
莉犬
莉犬
何で俺の近くで寝るかなぁー?
莉犬
莉犬
俺…男と思われてない…?
あなたの頬を撫でようとして手を止めた。
莉犬
莉犬
(この間みたいになるかもだし…!)
そう思い、方を揺すってあなたを起こした。
莉犬
莉犬
あなたー、起きて!問題終わったよ?
あなた

ん…え、あー私、寝てた?

莉犬
莉犬
うんwよだれ垂れてた
あなた

え、よだれ!?(;(;(//̀Д/́/););)

莉犬
莉犬
嘘ぴょ〜ん( ̄▽ ̄)
あなた

なーんだ…よかったぁー

莉犬
莉犬
(あーあ、寝顔もだけど焦る顔も可愛い…俺、重症だわw)


あなたside
寝てたらしい私は莉犬に起こされた。
おまけに莉犬が変な嘘をつくからもう目はパッチリ。
あなた

あ、終わった問題見して?

莉犬
莉犬
解答欄を上から下まで見る。
あなた

全問正解じゃん!私全然教えてないのに

莉犬
莉犬
あー、マジで?たまたまだよ…!
あなた

(あれ?おかしい)

昔、私はテストで毎回莉犬を追い越せなくて悔しい思いをした記憶がある。
それは去年もだった。
一年でそんなに成績が下がる訳ない。
あなた

莉犬…嘘ついてる?

莉犬
莉犬
え、ついてないよ?( ´•д•` ;)
あなた

嘘だ!だって莉犬頭いいもん

莉犬
莉犬
うっ…それは…
あなた

何で嘘ついたの?

莉犬
莉犬
だって、あなたと一緒にいたかっ
先生
おーい!下校の時刻だ
勉強も良いが危ないから帰れ。
莉犬の言葉の途中で先生が扉を開け大声で、言ってきた
あなた

莉犬帰ろ!

莉犬
莉犬
うん!
あなた

そーいえばさっきなんて言ったの?

莉犬
莉犬
なんだろーねw





🎼.•*¨*•.¸¸🎶🎼.•*¨*•.¸¸🎶
作者
作者
切りまーす!