無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

257
2020/11/12

第3話

3話
〜フロイドの部屋〜
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
……脱げよ。
アルカ・ミラージュ
アルカ・ミラージュ
は?……えっと……?
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
お前が女じゃないなら上半身だけ脱げるだろ?(低音)
アルカ・ミラージュ
アルカ・ミラージュ
はぁ……。俺が女だとまだ言うんですね……。
一応私も女なので脱ぐことに抵抗はある。
しかし魔法で男の体に作り替えているので大丈夫だろう。
アルカ・ミラージュ
アルカ・ミラージュ
分かりました……(スルッ
アルカ・ミラージュ
アルカ・ミラージュ
どうですか?男でしょう?
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
?!え、じゃあ…1ヶ月に1回血の匂いがするのは……っ?!
アルカ・ミラージュ
アルカ・ミラージュ
あぁ……。
それは俺に襲いかかってくるやつらが1ヶ月に1回はいるので……。
とりあえず適当な嘘で騙せるだろう。
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
そんな…………。
フロイドは落胆した様子だ。
アルカ・ミラージュ
アルカ・ミラージュ
じゃあ今度こそ俺に用はないですよね?
それでは…………。
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
なーんてね♡
フロイド・リーチ
フロイド・リーチ
俺の役割は果たしたし……。
後はアズールに任せるから♪
フロイドに肩を強く掴まれる。
逃げられそうにない。
しかし、さっきの言葉の意味が分からない。
どういう事なんだ……?!
ーユウ視点ー
ユウ
ユウ
あ、アズールさん!
ジェイドさん!アルカが…。フロイドさんに連れて行かれて…!
アズール・アーシェングロット
アズール・アーシェングロット
……それがどうかしましたか?
ユウ
ユウ
……え?
ジェイド・リーチ
ジェイド・リーチ
別にいいんです。
貴方に多くを話すつもりはありませんが
僕らの『計画』の内なので……。
……今は『計画』とやらはどうでもいい。
早く…早くあなたを助けないと……!
ユウ
ユウ
…分かりました。
お時間を取らせてしまい申し訳ありません。
それでは僕はこれで……(ダッ
くそ…っ!くそ!早く!もっと早く……!
早くあなたの所に行かなくては……!
NEXT……。


















作者
作者
変なところで切って申し訳ございません(土下座)
作者
作者
そして更新速度めっちゃ落ちます(土下座)
作者
作者
すいやせんした(土下座)