無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,306
2018/11/03

第10話

大好きなあなたへ


最後まで傍にいてくれてありがとう
僕は優しいあなたに何度も救われました
辛いのに、僕のために笑顔でお見舞いに来てくれて
あなたの強さに憧れを持っていました
あなたと付き合ってから5年目の日は
きっと、僕が死んだちょうど十日後じゃないかな
病気が治るって信じてたから
あなたに婚約指輪を買っていました
結婚できるって、思っていたから
この手紙を持っている頃にはあなたは婚約指輪を持っているでしょう
直接渡せなくてごめんね
最後に、僕のお願い聞いてくれるかな