無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

45*
U
U
ッちょ、/
くすぐったい
TH
TH
んふふ
ヌナいい匂い♡
U
U
もう、離れてよ ~ 



体をよじり、必死に離そうとした。



でも次の瞬間











チクッ









U
U
んっ…えっ?テテ!?




それは、昨晩と同じ痛み。




TH
TH
昨日、見えるとこに
付け忘れたから(o´罒`o)



は!?嘘でしょ、、



私は急いで

ステンレス製の冷蔵庫に自分を映し

その印を確認した。



はっきりとは映らない

この冷蔵庫を見ても分かる。






U
U
うわあ…



くっきりと付いたものを見て

唖然としている私と、




TH
TH
いひひ♡



満足そうに笑う、テテ。




でも、次の言葉でその表情が一変する。





U
U
はあ…もう!今日
新人さん来るのに!!
TH
TH
ッ!!!?
え?何それ!?
それって男!?





私はそれを無視して、洗面所へ向かった。





U
U
メイクで隠してくる!!
TH
TH
えー 😭
ヌナぁ、、
待ってよぉ。





なんか、追っかけてこようとしたけど

そんなの知らない。










ほんと、騒がしい朝でした。