無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

46*


ー Cafe ー




U
U
おはよう。
staff
あ!おはようございます!店長。
ギリギリですね、珍しい。笑



朝、少し

ゴタゴタがあったけど

何とか間に合いました。笑




U
U
あぁ…ちょっとね、
飼い犬に噛まれて。笑
staff
えぇ!?笑
もうっ!店長ったら
朝から… きゃ//
U
U
あー、もう
そういうのいいからっ/
それより!新人さん
何時からだっけ ~ ?
staff
もうすぐ来ると思いますよ!
U
U
りょうかーい。




15分後…






ユナ
ユナ
おはようございま ~ す♡
今日からお世話になります!
パクユナですっ♡



.



えっ、あー

そういう感じね。



おかしいな…

面接の時と全然違うんだけど。





U
U
あ…パクさん。
今日から宜しくね。
ユナ
ユナ
はーいっ♡



.
staff
ちょ、店長!?
大丈夫ですか?あれ。
U
U
え?…うん、、まあ
大丈夫、、じゃない??
なんとかするよ。
staff
えー…




そして、開店。






U
U
____…
で、ここが休憩室ね。
ユナ
ユナ
は ~ い
分かりましたぁ ~




無駄に可愛く飾られた爪を眺めながら

テキトーに返事をした、この女。




ただ今私は、パクさんに

店内を案内中。




U
U
はあ…あとで
ネイルのこと言わなきゃ。







するとそこへ










カランカラン 🔔








staff
いらっしゃいまs
あっ…
こんにちは。





何やらざわつくスタッフ達。






staff
あ!店長ですよねっ?
少々お待ちください!





そして、そのうちのひとりが

こちらへパタパタと走ってきた。






staff
店長!ご指名ですっ♡






いや、ここはキャバクラか。





U
U
え?私?…わ、わかった。
パクさんちょっと待っててね。
ユナ
ユナ
は ~ い






私は急いでカウンターの方へ向かった。



すると、そこにいたのは…




















.
TH
TH
ひひっ♡
来ちゃった!











4話一気に投稿したよっ♡

わあ、なんか…ぶりっ子登場したね。